2013年7月16日火曜日

AVR関連小物工作

久々にハンダごてを握ってみました。
今回作ったのは最小Arduinoを基板化したもの2つと、AVRISP mkIIでATmega328pにブートローダを書き込むためのアダプタ、最小Arduinoでプログラムをダウンロードするためのアダプタの4つです。
DSC_0218
左から AVRISP mkII 、ブートローダ書き込み用のアダプタ、最小Arduino×2個です。
すべて秋月の小型のユニバーサルボードの上に組んであります。電源はACアダプタとかを使うのが面倒なので、電池1本を含めてオンボードでHT7750A(ブートローダ)やHT7733A(最小Arduino)を載せてあります。コンデンサやダイオードはチップ部品で裏面に実装してあります。上方の8pinのコネクタはSPIです。
DSC_0219
そしてこちらが最小Arduinoに書き込み・デバッグをするためのアダプタで、写真のような感じでデバッグ・書き込みを行います。ATmega328pをICクリップでつまんで接続しますが、11~18pinは書き込み・デバッグには不要なので20pinのICクリップで済ませています。(秋月で売っている28pinのICクリップはワイドタイプ用なので、ナロー28pinには向かない、というのもあります)

0 件のコメント: