2014年6月3日火曜日

2回線めの携帯番号を考えてみた(3)

さて、MVNOのSIMが充実してきたり、ドコモがカケホーダイプランを出してきたりで動きがでてきたわけですが、IP電話系に代えて次をどうするか考えてみます。
Fusionは基本料が無料であることから、中国に国際電話をかけるために残しておきます。
となると、基本料のかかる050+をどうするかです。
  1. MVNOの携帯電話SIMを使う
    いくつか調べてみたのですが、MVNOではb-mobileの通話SIMが最安っぽい感じです。
    月額1290円(税別)で1300円分の無料通話がついています。通話料は20円/30秒。
    しかしながら10ヶ月の縛りがあります。
  2. ドコモのカケホーダイを昔使っていたガラケーを引っ張り出してきて使う
    月額2200円で通話料無料です。パケットは契約しない。こちらは2年縛り。
  3. IIJmioのみおふぉんを使う
    IIJmioのミニマムデータプランに音声通話をつける。
    +1000円で無料通話はなし。
結局はどこに分界点があるかですが、b-mobileとカケホーダイを比較すると月に55分以上話すならドコモのカケホーダイということになります。一方で、みおふぉんの利点は3台持ちにならずに済むことくらい。
やっぱりドコモのカケホーダイですかね・・・。
しかしながら、auやSoftbankも追随の動きがあるとかなので、慌ててドコモのカケホーダイを契約するのもなぁ・・・。

0 件のコメント: