2015年1月3日土曜日

ESP8266関連

ESP8266関連の情報アップデートです。

1.FCCの認証済みモジュールESP-12、ESP-07

これまでは基板単体のESP-01というモジュールしかなかったようなのですが、無線部分がシールドケースに入ったESP-12というモジュールが出始めているようです。このモジュールのシールドケースにはWiFiのロゴマークとFCCのロゴマークが入っているので、きちんとした手順を踏んでいるのであれば認証をとっている・・・ということなのではないかと思います。(中国なのでインチキや偽者の可能性は否定しきれないですが・・・)
また、ESP-12はプリントパターンによるアンテナですが、チップアンテナを搭載したESP-07というのもあるようです。こちらもWiFiとFCCのロゴマークが入っています。

2.Webサイト「www.esp8266.com」登場

ESP8266の掲示板サイト www.esp8266.com ができていました。
掲示板の維持のため寄付を求めているようです。$25の寄付でESP-01が3個、$35の寄付でESPー01が5個もらえるそうです。しばらく前に見たときはESP-01が$5/個くらいだったので、$10が送料と寄付といった算盤勘定だったのでしょうか。

3.モジュールの価格が安くなった

ESP-12の方が$3/個くらいと安価になっています。ベンダーがWiFiのロゴとFCCの認証を取って本気出して製造し始めた、ということでしょうか。
残念ながら技適マークはないので、結局日本では使えないですが・・・。
米国ではさらに流行りそうですね。

0 件のコメント: