2015年2月6日金曜日

Raspberry Pi 2はあんまり速くない?

1.RSオンラインは在庫切れ

RSオンラインを見ていたら、次回入庫日が2/20→2/27・・と延びていき、現在は「一時的な在庫切れ」と表示されています。やっぱりみんな欲しがるんですね。
まあ、メモリ1GBに増量、クワッドコアとなれば当然といえば当然かもしれません。

2.ベンチマーク結果ではあんまり速くなってない

Hack a Dayにベンチマーク比較の記事が載ってました。
RasPi B+はRaspberry Pi model B+(700MHz)、RasPi 2はRaspberry Pi 2 model B(1000MHz)で、シングルコア動作での比較です。
  • 倍精度Linpack
    RasPi B+が40.64Mflops、RasPi 2 が92.88Mflopsで2倍強
  • ドライストン2.1
    RasPi B+が843.19MIPS、RasPi 2 が1186.70MIPSで周波数なりの変化
  • OpenGL
    概ね変わらない。GPUが変わらないので当然といえば当然かも。
  • Pythonで1000000までの素数探し
    RasPi B+が51分、RasPi 2 が21分で約2.5倍。メモリが効くんですかね?
シングルコア動作での比較なのでベンチマーク上ではクロック周波数なりの差しか現れないようです。
もっとも、マルチコア化したおかげか、ゲーム機のエミュレータではRasPiではファミコン、スーパーファミコン、メガドライブや初期のゲームコンソールしかまともに動かせなかったのが、RasPi2ではNintendo64やPSXなどのゲームも容易に動かせるになっているようです。
記事では「RasPiは教育ツールとしては興味深かったが使い物になるコンピュータではなかった。RasPi2は小さく安価で持ち運べるデスクトップシステムになった。」と書いてあります。一方で、「RasPi(Raspi2も含む)は膨大なエコシステムがあるので、今日利用できるベストな小型のLinux環境。だけど、もっとパワフルさが必要なら本物のラップトップかデスクトップにするべきだ。」と括っています。(※自分の勝手な意訳です。しかも部分的だし。)

※追伸です。実機を触ってみるとデスクトップの速度は天地の差があります。

0 件のコメント: