2015年7月10日金曜日

Linux版ESP-8266用ArduinoIDEのインストール

Linux版のESP8266対応のArduinoIDEのインストールが簡単になっていましたので、その方法でLinux32bit環境(LinuxMint17環境)にインストールしてみました。
ArduinoIDEの1.6.4からボードマネージャ(Boards Manager)を使ってサードパーティのプラットフォームパッケージのインストールができるようになったようです。そこで、ESP8266用のプラットフォームパッケージが準備された、ということみたいです。
このプラットフォームパッケージを使うと、超簡単にArduinoIDEからESP8266を使うことができます。現時点ではWindows,MacOS、Linux(32bit/64bit)のパッケージが準備されているようです。
このプラットフォームパッケージの特筆すべき点は「AVRマイコンなど他のマイコンを必要とせず、ESP8266モジュール単体でArduinoとして動作しつつ無線LANでの通信ができる」ということです。
大事なこと(すごいこと)なのでもう一度書きます。Arduinoとして動作させるのに、(書き込み時は別として)ESP8266モジュールと電源以外の部品は必要ありません
たぶん、ArduinoIDE自体で依存するモジュールがあると思います。build-essentialやdefault-jdkなどは事前にインストールしておくほうが良いかと思います。

ArduinoIDEのインストール

arduino.ccからLinux32bit版のArudino IDEをダウンロードしてきます。ダウンロードが完了したら、アーカイブを展開します。
$ xzcat ダウンロード/arduino-1.6.5-linux32.tar.xz | tar -xv
$ ./arduino-1.6.5/arduino
として、開発環境を起動します。
screen1
「ファイル」⇒「環境設定」にて、環境設定の画面を開きます。開いたら、「Additional Boards Managers URLs:」に「http://arduino.esp8266.com/package_esp8266com_index.json」と入力し、OKを押します。
「ツール」⇒「ボード」⇒「Board Manager ...」を選択します。
screen3
一番下に、「esp8266 by ESP8266 Community」というのがありますので、その右下の「Install」ボタンを押します。
screen4
すると、40MBくらいダウンロードした後、Installedになります。
screen6
確認したら、「閉じる」でインストールは完了です。
ESP-8266が使えるかどうかを「ツール」⇒「ボード」で確認します。
screen7
メニューに「Generic ESP8266 Module」「Olimex MOD-WIFI-ESP8266(-DEV)」「NodeMCU(ESP8266 ESP-12 Module)」が増えているのが確認できました。
今回は「Generic ESP8266 Module」で動作させてみます。
選択すると、「ツール」の下に「CPU Frequency」「Flash Size」「Upload Speed」「ポート」などの設定ができるようになっていました。今回はそれぞれ「80MHz」「512K(64K SPIFFS)」「115200」「/dev/ttyUSB0」としています。

 

0 件のコメント: